Kentarou Kuroda's Serious Blog

黒田健太郎が運営する深刻で真面目で堅物なブログです。

普通とイデオロギーが嫌いな私

自分を端的に言えば、おおよそ普通とはかけ離れた人間である。とにかく私は普通というものが大嫌いである。ゲームクリエーターを目指していた頃も普通のRPGとかギャルゲーとかはまず遊ばなかった。そんなゲームは私からしてみれば普通の権化みたいでとてもやる気が起きなかった。じゃあどんなゲームが好きだったかというと頭脳スポーツと言われるような囲碁や将棋や麻雀といった棋類が好きだったし、今では電子スポーツと言われるようなシューティングゲーム対戦格闘ゲーム音楽ゲームみたいにストイックにゲームに打ち込まないと上手くならないゲームが好きだった。今、思えばかなりハードで多分に鍛錬が必要なゲームが好きだったと今は思うし、そんな私だったので萌えの要素は不純物であり不要と言い切ってもいいくらい萌えが嫌いだった。

 

話は変わるが私はイデオロギーも嫌いだ。イデオロギーは人間が作り出す概念だ。一言でイデオロギーと言っても右とか左とか抽象的なものでしかない。イデオロギーも深く理解したいなら結構勉強が必要だし、2ちゃんねるで議論してもいいとは思うがウィキペディアを見てきっちり調べ上げたり、チャクウィキとか見てイデオロギーに染まった国や人についての噂を知ってからそういう話をしてもいいんじゃないかとも思う。イデオロギーについて語りたいならイデオロギーに染まりきれない確固たる自分が必要なんじゃないかと思う。

 

私がこの記事でいいたい事は普通の人は普通じゃない物の考え方をする人はあまりいないと感じるし、イデオロギーを引き合いに出すのは不適切かもしれないが、右とか左とかそういう型にハマったものが好きな人は型にハマった物の考え方をする人が多いように思う。

少なくとも私は普通が大嫌いだし型にハマった物も大嫌いである。

ゲームにしろ政治スタンスにしろ何事においてもアバンギャルドなある意味突拍子もない物のが好きだし、私自身もアバンギャルドで突拍子もなくそれでいながら人間として価値のある人間になりたいとは思っている。

そういう人間は流行に乗るのが向いてないし、流行を作り出そうとしてもなかなか理解してもらえないし、すぐに幸せになるのには向いてない人間ではあるとは思うが、それでもそういう人間を目指したい。普通もイデオロギーも糞食らえである。ただ、楽に幸せになれる人間を目指さない事でもあるので、何かと苦労が多いし、他人に自分をわかってもらいにくい人生になるとは正直思う。

 

報われる異端者なんて滅多に存在しない。あなたは報われたいのか報われなくてもいいのか、そして真人間でありたいのか異端者でありたいのか、この辺はこの世で生きたいならあなたの幸せにつながる大事な考え方だと思う。

 

あなたはどういう風に生きたい?